Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スキンケア

日焼け止めの種類と対策グッズの選び方

まずは、日焼け止めや対策グッズを知る前に、紫外線についてお話します。

紫外線の種類

紫外線の種類には、3つあります

ちなみに、UVというのは、英語のultravioletをUVと略されるものです。

UV‐A波

私たちが浴びている紫外線の90%がこのUV‐A波です。

波長が長く、肌の真皮層まで到達し、コラーゲンやエラスチンなどの弾力線維にダメージが及びます。光老化といってお肌の老化を進めます。

また、雲や窓ガラスを通したり、赤みや炎症が起きにくいために、うっかり日焼けをしてしまいます。

UV‐B波

紫外線の5%を占めます。

UV‐A波に比べて、波長が短いため肌の表面で吸収されるため、真皮まで到達することはほとんどありませんが、エネルギーが強く、細胞が損傷し赤く炎症したり(サンバーン)メラニン色素が沈着したり(サンタン)シミの原因になります。

UV‐C波

紫外線の中で最も波長が短いため、通常はオゾン層に吸収され地上まで届くことはないのですが、近年の環境破壊で、オゾン層の破壊より地上に到達してしまうという危険性が危惧されています。

日焼け止めの種類

日焼け止めとは、紫外線から肌を守るものですが、大きく分けて2種類あります。

紫外線吸収剤

このタイプの日焼け止めは、肌に塗ることで紫外線を吸収させて熱エネルギーに変換させるという化学反応を起こし、肌を日焼けから守る効果があります。

肌の表面で化学反応が起きるときに、大変肌への負担がかかります。

また、吸収剤には成分として油分が多く含まれているため、酸化して炎症を引き起こす場合があります。

紫外線散乱剤

このタイプの日焼け止めは、主にチタンや酸化亜鉛などが主な成分で、肌に塗ることで紫外線を反射・散乱させて日焼けから守ります。

肌に塗ることで白っぽく見えてしまったり、汗などで流れやすくなるので、こまめな塗り直しが必要です。

吸収剤に比べて、肌への負担は比較的軽く敏感肌や肌が弱い人でも使いやすいものです。

SPFとPAっていったい何?

SPFとは、サンプ・ロテクション・ファクターの略です。

SPFは、シミやそばかす、皮膚がんなどの原因となるUV‐B波(短時間で肌が赤くなるような日焼け)を防ぐ力の大きさを示しています。

SPFの隣に記載されている数字の意味は、日光に当たった時に、日焼け止めを塗らない状態に比べて肌が赤くなるまでの時間を何倍に延ばせるかを数値にしたもの。

SPF20であれば、何も付けない状態より20倍遅らせるということを表しています

 

PAとは、プロテクション・グレイド・オブの略です。

UV‐A波の防止効果を表す目安の数値で、+の多さがUV‐Aに対する効果の高さを示します。

日焼け対策グッズの選びかた

 

日焼け対策グッズには、日傘やサングラス、アームカバー・手袋や帽子などがあります。

それぞれの選ぶポイントをご紹介します。

 

日傘

色によっても紫外線カットの方法が違います。

黒→光を吸収することで紫外線を予防

白→光を反射することで紫外線を予防

 

黒の方がカット力はあるため、アスファルトの照り返しによる紫外線予防には、傘の内側は黒がおすすめです。

 

サングラス

最も日焼けグッズで大切なのはサングラスです。

目から入った紫外線は、脳に伝達され、防衛反応を起こします。

そこで、体内にシミの元となる、メラニン色素を作るよう命令を出します。

紫外線99%カットのサングラスでないと、紫外線は通過してしまうので、注意が必要です。

また、なるべく大きめのものをかけると紫外線が入りにくいので良いでしょう。

 

帽子

帽子は、日射病の予防だけでなく、頭皮や顔に当たる紫外線を防いでくれます。

なるべく、つばの大きめのもの、そしてUVカット効果が施してあるものを選びましょう。帽子でも、目から入る紫外線を約20%カットすることが出来ます。

 

アームカバー・手袋

紫外線をカットする効果は、生地の厚さや線維の密着度によって異なります。

レース生地や薄手のものは涼しいですが、紫外線を通しやすくなるため、生地の厚手のものや線維の目が詰まった密着度の高いものの方が、紫外線カット効果が高くなります。

また、UVカット加工には、素材の中にUVカット剤を練り込む方法と、完成した製品にUVカット効果を付着させるものがあり、線維に練り込まれる方法の方が、紫外線カットの効果が高く、長く使用できます。

後から付着させたものは、洗濯などで効果が薄れてしまうことがあります。

たくさんの日焼け止め、対策グッズがあります。

ご自身にあったものを見つけて、紫外線対策しましょう。