Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スキンケア

マナラホットクレンジングは毛穴汚れや黒ずみに効く?成分を紹介

1.日本一売れているホットクレンジング

毛穴の黒ずみに効果があると大好評のホットクレンジングですが、今最も話題になっていて日本一売れているホットクレンジングといえば「マナラホットクレンジングゲル」なのだそうです。

販売本数1,000万本突破、毛穴クレンジングゲル部門と温感クレンジング部門ともに売上シェア第1位というのですから驚きですね。また、優れた商品に与えられるモンドセレクションで10年連続金賞を受賞していることから、信頼できる品質で長く愛されてきたクレンジングだということが分かります。

肌をキレイにすることが目的のクレンジングが、実は肌トラブルの根源だった、マナラは10年も前からその事実に着目し商品を開発してきたのだそうです。メイク汚れや毛穴の黒ずみや角栓までしっかりと落とすけれど、肌を乾燥させることがなくうるおいを守り、洗い上がりがしっとりするという、理想的なクレンジングがマナラホットクレンジングゲルです。

効果の実感と7つの無添加、この2つを両立させ、年齢を重ねた肌に起こりがちな肌トラブルにも対応し、クレンジングでありながらエイジングケアも可能にしました。使い続けるほどすこやかで美しい肌に!マナラホットクレンジングゲルは、利用者の98%がずっと使い続けたいと答えた、実感できるホットクレンジングゲルです。

2.マナラホットクレンジングゲルの全成分は?

しっかりと汚れを落とすのに肌にやさしい7つの無添加、でもどんな成分を配合すればそのような満足できる使用感が実現するのでしょうか?マナラホットクレンジングゲルの成分について見ていきましょう。

まず黒ずみ毛穴の目立たない、つるつる肌へと導いてくれるのが「パパイン酵素」「オリーブ油」「メドウフォーム油」「グリセリンゲル」です。カプセル化されたパパイン酵素が角質を柔らかくし、ぽかぽか温感ゲルが毛穴をやさしく開き、オリーブ油とメドウフォーム油が毛穴の汚れを溶かしてくれます。ゲルが汚れをしっかり吸着し根こそぎ黒ずみをからめ取った後は、3種の植物成分がなめらかに肌をキープしてくれるから、ダメージを与えず肌荒れに悩まないつるつる肌になることができます。

さらに「セラミド」「ヒアルロン酸」「スクワラン」などがうるおいをアップさせ、6つのコラーゲンサポート成分がふっくら弾力肌へと導いてくれます。マナラホットクレンジングゲルの成分で最も驚いてしまうのは、全成分の91.3%が美容液成分だということ。だから使うたびモチモチのハリ肌を実感できるわけですね。

3.毛穴黒ずみだけじゃない!美肌も手に入れよう

全成分の91.3%もの美容液成分が、汚れを落としながらしっかりとうるおいを与えてくれるマナラホットクレンジングゲル。贅沢な美容液成分が使い続けるほどに健康な肌へと導いてくれるようです。

美肌を手に入れるには、美容成分を与えるだけでは十分とはいえません。美容成分をしっかりと浸透させる肌であることが不可欠なのですが、マナラホットクレンジングゲルを利用すれば汚れだけでなく古い角質も除去することができ、美容成分が浸透しやすい肌を目指すことができます。

さらにマナラホットクレンジングゲルにはブースター効果もあるので、クレンジング後のスキンケアをぐんぐん浸透させることができ、より美肌になるための効果が期待できるでしょう。

また、ダブル洗顔が不要というのも美肌づくりに役立ちます。スキンケアで何度も顔に触れるのは、肌への負担となりトラブルを引き起こしたり老化を早めたりする恐れがあるのだそうです。クレンジングと洗顔がひとつになったマナラホットクレンジングゲルなら、肌への負担をグンと減らすことができ、さらにスキンケア・エイジングケア効果も期待できます。実年齢を言ったらびっくりされた、そんな若々しい美肌を手に入れるのも夢ではないでしょう。

4.まとめ

マナラホットクレンジングゲルが10年も売れ続け愛され続けているその理由は、「実感」と「安心」にこだわった成分が使われているからのようです。毛穴汚れや角栓をしっかり落とすのに、肌にやさしく乾燥知らず、肌荒れの恐れもなく美肌を目指すことができるなんて、こんな満足度の高いクレンジングなら、もう他の商品を使おうなんて思わなくなるでしょう。

ずっと使うものだから安心できる成分を、ずっとキレイでいたいから実感できる成分を!マナラホットクレンジングゲルの成分へのこだわり、お分かりいただけましたか?