プログラム

招待講演

10月28日(土)16:00-16:50
招待講演1

  • 「Molecular mechanisms of microangiopathy in systemic sclerosis」
  • 座長:竹原 和彦(金沢大学)
  • 演者:Maria Trojanowska(Arthritis Center, Boston University, Boston, USA)

10月29日(日)11:00-11:50
招待講演2

  • 「TGFß-Driven Non-Canonical Hedgehog Signaling in Cancer - Implication for Melanoma」
  • 座長:成澤 寛(佐賀大学)
  • 演者:Alain Mauviel(Team "TGFs and Oncogenesis", Institut Curie, 91400 Orsay, FRANCE)

Page Top ▲

国際交流講演

10月29日(日)10:00-10:50

  • 「Alpha-hydroxy Acids and the Skin: Friend or Foe?」
  • 座長:岩月 啓氏(岡山大学)
  • 演者:Jen-Hung Yang(Dean of Tzu Chi University College of Medicine, Taiwan/ Professor, Department of Dermatology, Tzu Chi University School of Medicine and Buddhist Tzu Chi General Hospital, Taiwan)

Page Top ▲

特別講演

10月28日(土)13:00-13:50
特別講演1

  • 「マウスを用いたヒト疾患遺伝学の展開」
  • 座長:古江 増隆(九州大学)
  • 演者:山村 研一(熊本大学生命資源研究・支援センター山村プロジェクト研究室 シニア教授)

10月28日(土)14:00-14:50
特別講演2

  • 「臨床と研究のはざまで-HIV感染症とAIDS治療薬開発の経験から」
  • 座長:島田 眞路(山梨大学 学長)
  • 演者:満屋 裕明(熊本大学医学部附属病院 総合臨床研究部研究展開センター特別招聘教授/
    国立研究開発法人 国立国際医療研究センター研究所 所長)

Page Top ▲

文化講演

10月28日(土)17:00-17:50

  • 「皮膚は世間である ─いれずみ劇場─」
  • 座長:尹 浩信(熊本大学)
  • 演者:小野 友道(熊本大学 名誉教授)

Page Top ▲

シンポジウム

10月28日(土)13:00-14:50
シンポジウム1「メラノーマ、投票!あなたの診療教えて下さい」

  • 座長:内 博史(九州大学)福島 聡(熊本大学)
  • 「新時代を迎えたメラノーマ診療 -こんな時どうする?-」
  • 演者:松下 茂人(鹿児島医療センター)
  • 「進行期悪性黒色腫の今後の治療戦略」
  • 演者:猿田 寛(久留米大学)
  • 「"What is your choice?" メラノーマ治療の現場から」
  • 演者:宮下 梓(熊本大学)
  • 「当科において判断に迷った症例」
  • 演者:和田 尚子(九州大学)

10月28日(土)16:00-17:50
シンポジウム2「西部支部の非黒色腫皮膚がん診療 ─最良を目指して─」

  • 座長:久保 宜明(徳島大学)青井 淳(熊本大学)
  • 「皮膚有刺細胞癌」
  • 演者:村尾 和俊(徳島大学)
  • 「乳房外パジェット病について」
  • 演者:持田 耕介(宮崎大学)
  • 「基底細胞癌:Better Curative Choiceは?」
  • 演者:鍬塚 大(長崎大学)
  • 「希少かつ難治な血管肉腫に対する標準治療をどう計画すべきか?」
  • 演者:梶原 一亨(熊本大学)

10月29日(日)10:00-11:50
シンポジウム3「西部支部の膠原病診療 ─みんなどうしてる?─」

  • 座長:神人 正寿(和歌山県立医科大学)、山本 雄一(琉球大学)
  • 「新しい診断基準 ―本邦の診断基準と欧米の分類基準の比較―」
  • 演者:牧野 貴充(熊本大学)
  • 「膠原病治療 ―温故知新―」
  • 演者:宮城 拓也(琉球大学)
  • パネリスト:山元 修(鳥取大学)
  •  山本 雄一(琉球大学)
  •  宮城 拓也(琉球大学)
  •  林 宏明(川崎医科大学)
  •  武田 浩一郎(今村病院分院)
  •  牧野 貴充(熊本大学)

10月29日(日)14:00-15:50
シンポジウム4「創傷治癒 ─キズをどうやって治すか─」

  • 座長:井上 雄二(水前寺皮フ科医院)吉野 雄一郎(熊本赤十字病院)
  • 「創傷一般」
  • 演者:井上 雄二(水前寺皮フ科医院)
  • 「褥瘡診療のpit fall」
  • 演者:古賀 文二(福岡大学)
  • 「熱傷の局所治療 日常診療で遭遇する軽症熱傷を中心に」
  • 演者:間所 直樹(東広島医療センター)
  • 「糖尿病性潰瘍」
  • 演者:山﨑 修(岡山大学)
  • 「下腿潰瘍」
  • 演者:高原 正和(たかはら皮膚科医院)

Page Top ▲

PMDA、AMEDあるいは厚生労働省職員・経験者の本音トーク

10月28日(土)9:00-10:50

  • 座長:窪田 泰夫(香川大学)錦織 千佳子(神戸大学)
  • 「皮膚科領域における薬効評価の課題とアカデミアが果たす重要な役割
    (PMDAでの経験から見えてきたこと)」
  • 演者:工藤 英郎(熊本大学総合臨床研究部シーズ探索センター)
  • 「そのお薬、どうやって世に出てきたか、考えたことがありますか?」
  • 演者:種瀬 啓士(独立行政法人医薬品医療機器統合機構/慶應義塾大学)
  • 「医を以て支える。広がりとつながり。」
  • 演者:古田 淳一(厚生労働省大臣官房厚生科学課)
  • 「AMEDのミッション:データシェアリングによる課題解決」
  • 演者:足立 剛也(AMED戦略推進部 難病研究課)

Page Top ▲

全身性強皮症・限局性強皮症・好酸球性筋膜炎・硬化性萎縮性苔癬
診療ガイドライン講習会

10月28日(土)16:00-16:55

  • 「全身性強皮症(血管)」
  • 座長:藤本 学(筑波大学)
  • 演者:神人 正寿(和歌山県立医科大学)

10月28日(土)17:00-17:55

  • 「全身性強皮症(皮膚)」
  • 座長:石川 治(群馬大学)
  • 演者:藤本 学(筑波大学)

10月29日(日)10:00-10:55

  • 「硬化性萎縮性苔癬の診断と治療」
  • 座長:竹原 和彦(金沢大学)
  • 演者:長谷川 稔(福井大学)

10月29日(日)11:00-11:55

  • 「好酸球性筋膜炎」
  • 座長:佐藤 伸一(東京大学)
  • 演者:山本 俊幸(福島県立医大学)

10月29日(日)14:00-14:55

  • 「限局性強皮症」
  • 座長:尹 浩信(熊本大学)
  • 演者:浅野 善英(東京大学)

Page Top ▲

日本皮膚科学会専門医指導医講習会

日時:10月29日(日)10:00-11:00
会場:くまもと県民交流館パレア10F 会議室8(予定)

  • 座長・演者:石河 晃(東邦大学)、佐山 浩二(愛媛大学)

Page Top ▲

日本皮膚科学会 キャリア支援委員会企画 メンター&メンティーの相談会(M&M)

日時:10月28日(土)16:00-18:00
会場:くまもと県民交流館パレア 10F 会議室8(予定)

◆お申込方法

参加を希望される方は、下記、日本皮膚科学会ホームページをご参照ください。

日本皮膚科学会ホームページ

Page Top ▲

皮膚科スペシャリティーナース講習会

日時:10月29日(日)11:00-13:00
会場:熊本市国際交流会館 B2F 多目的ホール

Page Top ▲

平成29年度日本皮膚科学会西部支部企画研修講習会

10月27日(金)16:00-18:00
「皮膚悪性腫瘍・皮膚リンパ腫」

  • 座長:眞鍋 求(秋田大学)、澤村 大輔(弘前大学)
  • 「悪性黒色腫・悪性軟部腫瘍の最近の治療」
  • 演者:増井 友里(東京都立広尾病院)
  • 「悪性T細胞の表現型から考える皮膚T細胞リンパ腫の臨床像のとらえ方」
  • 演者:渡辺 玲(筑波大学)

定員に達した為、事前申込受付を締切りました。

  • ※日本皮膚科学会への事前申込者のみ参加できます。
    当日の申込みはできかねますので、ご注意ください。

Page Top ▲

モーニングセミナー

10月29日(日)8:00-8:50
モーニングセミナー1【乾癬治療の不易流行】

  • 座長:塩原 哲夫(杏林大名誉教授)中川 秀己(東京慈恵会医大)
  • 「辛い?楽しい?尋常性乾癬診療 ―外用療法の過去、現在、そして未来―」
  • 演者:安部 正敏 (札幌皮膚科クリニック(北海道札幌市))
  • 「乾癬を難治化させないための治療戦略 ―初めの一手、次の一手をどう考えるか―」
  • 演者:森田 明理(名古屋市立大)

10月29日(日)8:00-8:50
モーニングセミナー2【フットケア(創傷治癒、爪白癬を中心に)】

  • 座長:渡辺 晋一(帝京大名誉教授)
  • 「糖尿病性足病変 ―当科で行っているケアと治療の現状―」
  • 演者:立花 隆夫(大阪赤十字病院)
  • 「フットケアから見た足白癬、爪白癬」
  • 演者:望月 隆(金沢医大)

10月29日(日)8:00-8:50
モーニングセミナー3【アトピー性皮膚炎の本質にせまる 〜病態と治療の視点から〜】

  • 座長:相場 節也(東北大)佐藤 伸一(東京大)
  • 「アトピー性皮膚炎の病態から治療を考える」
  • 演者:佐山 浩二(愛媛大)
  • 「アトピー性皮膚炎の治療を楽しむ」
  • 演者:菅谷 誠(国際医療福祉大)

10月29日(日)8:00-8:50
モーニングセミナー4【乾癬Bio治療、どのように使い分ける?】

  • 座長:幸野 健(日本医大千葉北総病院)林 伸和(虎ノ門病院)
  • 「IL-23と乾癬:生物学的製剤の作用と治療における選択」
  • 演者:小宮根 真弓(自治医大)
  • 「乾癬のBio治療におけるステラーラⓇの位置づけと活用法」
  • 演者:朝比奈 昭彦(東京慈恵会医大)

Page Top ▲

ランチョンセミナー

10月28日(土)12:00-12:50
ランチョンセミナー1【メラノーマ治療:現況と課題】

  • 座長:錦織 千佳子(神戸大)天野 博雄(岩手医大)
  • 「免疫チェックポイント阻害薬におけるirAEの現状と今後の取り組み」
  • 演者:吉野 公二(がん・感染症センター都立駒込病院)
  • 「メラノーマ治療のbreakthrough ―現況と将来展望―」
  • 演者:松下 茂人(独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター)

10月28日(土)12:00-12:50
ランチョンセミナー2【視点を変えれば広がる 皮膚悪性腫瘍治療の新世界】

  • 座長:鈴木 民夫(山形大)
  • 「新規メラノーマ治療におけるトランスレーショナルリサーチ」
  • 演者:大塚 篤司(京都大)
  • 座長:石川 治(群馬大)
  • 「皮膚悪性腫瘍に対する局所薬物療法の現状と将来展望」
  • 演者:爲政 大幾(大阪国際がんセンター)

10月28日(土)12:00-12:50
ランチョンセミナー3【皮膚筋炎】

  • 座長:玉木 毅(国立国際医療研究センター)杉浦 一充(藤田保健衛生大)
  • 「診断に役立つ皮膚筋炎の皮疹とその治療のポイント」
  • 演者:神人 正寿(和歌山県立医大)
  • 「皮膚筋炎の皮膚以外の症状に関して皮膚科医が知っておくべきこと」
  • 演者:藤本 学(筑波大)

10月28日(土)12:00-12:50
ランチョンセミナー4
【ガイドラインに基づく創傷治療のコツ ―患者目線にたった痛みのない最新治療―】

  • 座長:竹原 和彦(金沢大)相馬 良直(聖マリアンナ医大)
  • 「熱傷に対するドレッシング材の使用経験
    ─セーフタックとソフトシリコン・ポリウレタンフォームを中心に─」
  • 演者:吉野 雄一郎(熊本赤十字病院)
  • 「慢性創傷のマネージメント:治らないきずに隠れた骨髄炎の評価と治療」
  • 演者:加藤 裕史(名古屋市立大)

10月29日(日)12:00-12:50
ランチョンセミナー5【乾癬と関節症性乾癬のBiologics治療をいま再考する】

  • 座長:田中 俊宏(滋賀医大)藤本 亘(川崎医大)
  • 「Biologicsを通してみえてきた疑問から乾癬治療を再考する」
  • 演者:山口 由衣(横浜市立大)
  • 「IL-17阻害薬におけるPsA治療の可能性 〜PsAにおけるFirst Bioについて考える〜」
  • 演者:寺木 祐一(埼玉医大総合医療センター)

10月29日(日)12:00-12:50
ランチョンセミナー6【皮膚アドヒアランス向上プログラム 〜蕁麻疹・尋常性乾癬編〜】

  • 座長:中村 晃一郎(埼玉医大)川田 暁(近畿大)
  • 「蕁麻疹のアドヒアランス」
  • 演者:金子 栄(島根大)
  • 「尋常性乾癬患者の治療アドヒアランスの現状と向上にむけて」
  • 演者:新谷 洋一(シンタニ皮フ科(愛知県名古屋市))

10月29日(日)12:00-12:50
ランチョンセミナー7【明日から活かせる帯状疱疹の新しいはなし】

  • 座長:古川 福実(高槻赤十字病院、和歌山県立医大名誉教授)岩月 啓氏(岡山大)
  • 「新しい作用メカニズムを有する帯状疱疹治療薬アメナリーフ錠の特徴」
  • 演者:川島 眞(東京女子医大)
  • 「帯状疱疹のよりよい診断を目指して」
  • 演者:渡辺 大輔(愛知医大)

10月29日(日)12:00-12:50
ランチョンセミナー8【爪外用液の臨床効果をみる】

  • 座長:山元 修(鳥取大)五十棲 健(東京警察病院)
  • 「爪白癬の外用治療を成功に導くための工夫」
  • 演者:齋藤 昌孝(慶應義塾大)
  • 「爪白癬外用療法の効果と今後への期待」
  • 演者:楠原 正洋(楠原皮膚科医院(福岡県福岡市))

Page Top ▲

10月28日(土)11:00-11:50
スポンサードセミナーA【がん免疫療法フロントライン】

  • 座長:山本 明史(埼玉医大国際医療センター)森脇 真一(大阪医大)
  • 「免疫チェックポイント阻害療法のこれから」
  • 演者:猪爪 隆史(山梨大)
  • 「悪性黒色腫の治療:過去、現在、そして未来」
  • 演者:藤村 卓(東北大)

10月28日(土)11:00-11:50
スポンサードセミナーB【メラノーマ治療の変遷と今後の展望】

  • 座長:宇原 久(札幌医大)清島 真理子(岐阜大)
  • 「切除不能メラノーマ治療の変遷」
  • 演者:福島 聡(熊本大)
  • 「メラノーマ治療の現在と今後の展望 〜制圧できる日は来るのか?〜」
  • 演者:藤澤 康弘(筑波大)

10月28日(土)11:00-11:50
スポンサードセミナーC【経口PDE4阻害剤アプレミラストによる新たな乾癬治療戦略】

  • 座長:尹 浩信(熊本大)土田 哲也(埼玉医大)
  • 「乾癬治療の新機軸PDE4阻害薬 〜アプレミラスト、日本上陸〜」
  • 演者:遠藤 幸紀(岩手医大)
  • 「乾癬のアンメットニーズに対応する新たな治療戦略:新規治療薬に寄せる期待」
  • 演者:鳥居 秀嗣((独)JCHO東京山手メディカルセンター)

10月28日(土)11:00-11:50
スポンサードセミナーD
【慢性蕁麻疹治療のパラダイムシフトを目指して
〜症状・QOL・治療の面から抗IgE抗体療法の適応患者像を考える〜】

  • 座長:相原 道子(横浜市立大)森田 栄伸(島根大)
  • 「オマリズマブの適応患者と治療の実際」
  • 演者:千貫 祐子(島根大)
  • 「慢性蕁麻疹治療におけるオマリズマブの位置づけ」
  • 演者:平郡 隆明(県立広島病院)

10月28日(土)15:00-15:50
スポンサードセミナー1【メラノーマ治療の進歩と今後の課題】

  • 座長:窪田 泰夫(香川大)
  • 「メラノーマのバイオマーカー」
  • 演者:福島 聡(熊本大)
  • 座長:秋山 真志(名古屋大)
  • 「悪性黒色腫に対する分子標的治療の実際」
  • 演者:並川 健二郎(国立がん研究センター中央病院)

10月28日(土)15:00-15:50
スポンサードセミナー2

  • 座長:尹浩信(熊本大)
  • 「Significance of A Vitamin in systemic supplementation and local therapy」
  • (逐次通訳あり)
  • 演者:Des Fernandes(Renaissance Body Science Institute)

10月28日(土)15:00-15:50
スポンサードセミナー3【デュアルで理解!免疫・アレルギー最新情報】

  • 座長:須賀 康(順天堂大浦安病院)成澤 寛(佐賀大)
  • 「皮膚免疫の最新の研究について」
  • 演者:椛島 健治(京都大)
  • 「悩ましい抗ヒスタミン薬の継続投与を正当化する」
  • 演者:戸倉 新樹(浜松医大)

10月28日(土)15:00-15:50
スポンサードセミナー4【皮膚アレルギー疾患 基礎から臨床まで】

  • 座長:秀 道広(広島大)
  • 「これからの蕁麻疹治療に求められるもの」
  • 演者:谷崎 英昭(大阪医大)
  • 「皮膚バリアの恒常性を維持する精緻なしくみ」
  • 演者:久保 亮治(慶應義塾大)

10月29日(日)9:00-9:50
スポンサードセミナー5【マクロな視点でとらえるアトピー性皮膚炎】

  • 座長:古江 増隆(九州大)五十嵐 敦之(NTT東日本関東病院)
  • 「アトピー性皮膚炎患者の現状とそれを取り巻く環境」
  • 演者:佐伯 秀久(日本医大)
  • 「アレルギー疾患対策基本法とこれからの皮膚科診療」
  • 演者:加藤 則人(京都府立医大)

10月29日(日)9:00-9:50
スポンサードセミナー6【生活習慣や併存疾患を考慮した乾癬病態とその治療】

  • 座長:清水 忠道(富山大)名嘉眞 武国(久留米大)
  • 「食事由来脂質から考える乾癬病態制御」
  • 演者:本田 哲也(京都大)
  • 「併存疾患を俯瞰した全身性炎症疾患としてとらえる乾癬治療」
  • 演者:山﨑 研志(東北大)

10月29日(日)9:00-9:50
スポンサードセミナー7【乾癬治療の新たなるステージ ―皮疹「0」を目指して―】

  • 座長:島田 眞路(山梨大学長)江藤 隆史(東京逓信病院)
  • 「乾癬治療全体を理解して生物学的製剤を活用する」
  • 演者:常深 祐一郎(東京女子医大)
  • 「乾癬治療における生物学的製剤の役割と最適化」
  • 演者:今福 信一(福岡大)

10月29日(日)9:00-9:50
スポンサードセミナー8【強皮症における手指潰瘍の予防】

  • 座長:尹 浩信(熊本大)山本 俊幸(福島県立医大)
  • 「ボセンタンの全身性強皮症に対する疾患修飾作用とは? 〜病態モデルから考える効果的な投与法〜」
  • 演者:浅野 善英(東京大)
  • 「強皮症の血管を守るために」
  • 演者:長谷川 稔(福井大)

10月29日(日)13:00-13:50
スポンサードセミナー9【乾癬治療の最前線】

  • 座長:金蔵 拓郎(鹿児島大)高橋 健造(琉球大)
  • 「開業医から攻め込む乾癬治療 〜関節炎を見逃さないために〜」
  • 演者:日野 亮介(日野皮フ科医院(福岡県福津市))
  • 「サイトカインから考える乾癬の病態と生物学的製剤の選択」
  • 演者:中原 剛士(九州大)

10月29日(日)13:00-13:50
スポンサードセミナー10【悪性黒色腫の最新治療】

  • 座長:山本 明美(旭川医大)末木 博彦(昭和大)
  • 「メラノーマ治療のあの手、この手」
  • 演者:清原 祥夫(静岡県立静岡がんセンター)
  • 「根治切除不能な悪性黒色腫の治療update」
  • 演者:山﨑 直也(国立がん研究センター中央病院)

10月29日(日)13:00-13:50
スポンサードセミナー11【尋常性乾癬治療 ―良好な治療成績を得るために】

  • 座長:佐野 栄紀(高知大)大槻 マミ太郎(自治医大)
  • 「尋常性乾癬における治療選択のトレンドと治療継続のためにできること」
  • 演者:藤田 英樹(日本大)
  • 「尋常性乾癬における効果的な外用療法とは?」
  • 演者:多田 弥生(帝京大)

10月29日(日)13:00-13:50
スポンサードセミナー12【バイオ医薬品を考える 〜創薬と病態の視点から〜】

  • 座長:岡本 祐之(関西医大)天羽 康之(北里大)
  • 「乾癬と肥満を結ぶアディポカイン〜全身炎症を軸に乾癬の病態を考える〜」
  • 演者:鎌田 昌洋(帝京大)
  • 「バイオ医薬品の創薬・製造プロセスの現状と課題」
  • 演者:鶴田 大輔(大阪市大)

Page Top ▲

イブニングセミナー

10月28日(土)18:20-19:10
イブニングセミナー1【頭皮頭髪の疾患とケア】

  • 座長:田中 勝(東京女子医大東医療センター)久保 宜明(徳島大)
  • 「頭皮疾患のレビューとケア」
  • 演者:中村 元信(産業医大)
  • 「脱毛症診療のロジックとテクニック」
  • 演者:大山 学(杏林大)

10月28日(土)18:20-19:10
イブニングセミナー2【乾癬における生物学的製剤のBest Use】

  • 座長:照井 正(日本大)下村 裕(山口大)
  • 「乾癬におけるprecision medicineを考える:当院でのレミケード投与症例を解析して」
  • 演者:梶原 一亨(熊本大)
  • 「レミケードのポテンシャルを最大化する増量方法とは」
  • 演者:大久保 ゆかり(東京医大)

10月28日(土)18:20-19:10
イブニングセミナー3【今、あらためて考える乾癬治療戦略】

  • 座長:武藤 正彦(宇部興産中央病院、山口大名誉教授)川村 龍吉(山梨大)
  • 「乾癬治療の原点と新たな試み」
  • 演者:足立 真(関東労災病院)
  • 「乾癬に対して診療の現場では何ができるか? 外用剤から生物学的製剤まで」
  • 演者:奥山 隆平(信州大)

10月28日(土)18:20-19:10
イブニングセミナー4【皮膚T細胞リンパ腫治療の展望】

  • 座長:天野 正宏(宮崎大)阿部 理一郎(新潟大)
  • 「皮膚T細胞リンパ腫の治療総論」
  • 演者:濱田 利久(岡山大)
  • 「菌状息肉症に対するベキサロテンを使用した治療戦略」
  • 演者:島内 隆寿(浜松医大)